読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24歳児の落書き帳

ただの戯言。

「パスサッカー」という幻想

※日本-UAEを観て思ったことをつらつらと書きます。

もちろん見え方は千差万別なので、あくまで一個人の意見として捉えてください。

最近は仕事だったりなんやかんやで代表戦をフルで見ましたが…1番感じたことはタイトルの通り「ポゼッション」に固執しすぎた末路かな、と。

確かに審判に関して疑問符が付くのは頷けますが、そもそも文句なしのゴールを決められない時点で力不足です。

気になったことを小出しにしていきます。

 

①「回すだけ」のパス

「ポゼッション」と言えば聞こえは良いですが、パスはあくまでゴールを奪うための過程にすぎません。にも関わらずひたすらショートパス。ミドルシュートも来ないので相手はラインを低く保っていればOKです。

またゴール前まではボール運べるんですけど、シュート前に引っ掛けられることも多いように感じました。もっと早めにシュートで終わることも出来そうな気もしますが。。

 

②引き出しの少なさ

そもそも日本代表はアジアでは実力のあるチームで、相手が引いて守ることは容易に想像できるはず。それなのになぜ控えにポストプレーの出来るパワータイプのFWがいないのでしょうか。

ベンチに原口、宇佐美、武藤ってドリブルを武器にする選手を抱え過ぎです。彼らは個々ではもちろん素晴らしい選手だと思いますがチームとしてのバランスははっきり言ってクソだと思います。

さらに言えば岡崎の強みは献身性と抜け出し。1番前に張らせるFWではありません。1本で一気にゴールに迫ることのできるロングパスは立派な戦術ですし、それを放棄する意味がわかりません。

そんなのを実践しているのはグアルディオラのチームくらいなものですが、そもそも「個の力」が決定的に違います。

パスだけで崩すことのできないチームなのですから、ポゼッション以外の攻め手を準備しておくべきです。

終盤に吉田を上らせるならベンチにハーフナーとか豊田とか入れたらどうですか?

 

気になったのは以上ですね。

パスサッカー目指す割になんか中途半端ですし、ベンチには似たタイプの選手掻き集めててチームとしての戦術が問題なんじゃないかな?と思いました。

最終予選で出る話題ではありませんが。笑

 

次の相手はタイ。

引いてくることが想像されますが、文句無しにスカッと勝ってほしいものです。